髪を傷めない白髪染め

白髪染めによる髪の痛みは、白髪染めによってキューティクルにダメージを受けることだけが原因ではありません。

白髪染めの酸化染料には『パラフェニレンジアミン』という頭皮や髪に刺激の強いジアミン系の化学成分が主成分として含まれています。
このジアミン系のパラフェニレンジアミンは有刺激性成分として知られていて、長期間使用し続けると髪や頭皮を傷つける要因となってしまいます。


そこで最近、髪を傷めない白髪染めとして注目されているのが、昆布やクチナシなど、天然成分を配合した白髪染めです。
天然白髪染めにはジアミン系の成分が使用されておらず、かわりにクチナシやウコンなどの植物由来の天然色素が配合されています。

化学成分によるダメージの心配がないので、髪が傷みにくく、アレルギー症状も起こりにくいところが大きなメリットとなっています。

天然白髪染めでは、利尻ヘアカラートリートメントやレフィーネ、ピュアハーバル・ヘアカラー100、カラードボーテなどが有名です。