なぜ白髪染めで髪が傷むの?

白髪染めの中には、長期にわたって使い続けていると頭皮や髪にダメージが蓄積するものもあり、髪のパサつきや頭皮のかぶれなどのトラブルにつながるおそれがあります。
実際、白髪染めを使い続けたら髪も頭皮も傷んだという例は後を絶たず、 白髪染めの大きな不満点のひとつとなっています。

何故、白髪染めをすると髪が痛むのでしょう?

一般的な白髪染めは、酸化染料およびアルカリ剤が入った1剤と、過酸化水素水の入った2剤を混ぜ合わせて薬剤を作っています。
このうち、1剤に含まれるアルカリ剤には髪のキューティクルを開く作用があり、開いたキューティクルから染料を染みこませ、髪を着色する仕組みになっています。
また2剤に含まれる過酸化水素水は活性酸素で、髪や頭皮に負担がかかることに!!

開いたキューティクルから髪の内部に染料を直接染みこませるので、着色効果は強力なのですが、キューティクルはもともと髪の表面を保護する役割を担っているため、開きっぱなしになっていると髪が傷みやすくなってしまいます。
特に、キューティクルが開いた状態で髪をこすり合わせると、キューティクルがはがれ、ツヤのないパサついたダメージヘアが作られてしまうのです。